固定金利型の住宅ローンにするならフラット35も調べよう

フラット35を活用して住宅を購入すれば返済計画も立てやすくなる

固定金利型の住宅ローンにするならフラット35も調べよう

貯金箱

なるべく出費は抑えたい

長く支払い続けるタイプのローンといえば住宅ローンがあります。総額も多いため、できれば総支払額が低いタイプのローンを選びたいものです。
お金を借りれば当然返す必要があります。金融機関はお金を貸した見返りとして利息をつけるのですが、ローンのタイプによってこの総支払額が変わってくるのです。そして、この金利は固定型と変動型に分かれています。

まず変動型か固定型で選ぶ

住宅ローンのプランは色んな金融機関が多く提案しているため、どれを選べば良いか分からなくなってしまいます。フラット35も住宅ローンの一つです。
フラット35と他のプランを比べる手間を少しでも減らすためには、まずフラット35のような固定金利型と変動型金利型のどちらかを選ぶか検討しましょう。一ヶ月の返済額をみれば変動型の方が安くなりますが、総額を計算することは不可能に近いため、合っている方を選ぶことが大事です。

金利の変動リスクが少ない

金利は変動するものですが、固定金利であればそのリスクは借り手が取る必要はなく、貸し手がとることになります。それが自分にとって合っているというのであれば、フラット35を検討しましょう。
返済計画も立てやすいですし、一般的な新築マンションや一戸建てを購入するならフラット35が最適といえます。ただし、面積が70平方メートル以下の住宅であれば注意が必要です。

広告募集中