国内業者よりも広い海外fxのスプレッドを確認しよう

スプレッドの広さが国内と海外fxでは違う!顧客を勝たせるシステム

国内業者よりも広い海外fxのスプレッドを確認しよう

スーツの人

国内と取引方法が異なる

投資をする際には上手にお金を運用する必要があります。投資の一つにはfxがありますが、この取引ができる業者は大きく国内と海外に分けて二種類あります。
海外fxと国内fxの違いはなんといってもスプレッドです。スプレッドの幅が異なるのは、取引の方法が国内の業者と海外の業者では異なるといった理由が影響しています。

人件費や手数料がかからない

外国為替証拠金取引において、顧客がトレーダーを通して通貨を購入する量を決めることになります。しかし、海外fx業者がこの注文に沿って通貨購入を行なうのに対し、国内fx業者はインターバンク市場で通貨を取引しません。そのため手数料が発生せず、スプレッドが狭いのです。
しかし、スプレッドが狭いからといって損をするというわけではないので覚えておきましょう。

呑み行為のデメリット

どんな取引に関してもメリットとデメリットがあります。注文通りに通貨を購入しないことを呑み行為といいますが、顧客が損をするごとに業者が得られる利益が高くなります。
トレーダーとはいえ人間ですので、ここで顧客にできるだけ「得をしてほしくない」という意識が働いてしまうのです。また、透明性が低いのももう一つのデメリットといえます。

取引量が鍵

スプレッドの率はpipsで換算できます。海外fxでは0.2pipsという広いスプレッドをとっているところもありますので、この点を他の業者と比べてみましょう。
海外fx業者ではスプレッドが広い代わりに、カバー取引といって顧客の利益が大きくなりすぎた場合に金融機関と行なうリスク回避をしています。そして、取引量が増えれば業者の利益になりますので、顧客に対しボーナス支給や追従ゼロサービスを行なっているのです。

広告募集中